<P.F.M>は、各パーツが互いに緊結し合ってハンドル・ポストとフロントフォークを二重三重にロックする世界一強固な安全機構です。

 P.F.M.3とは、PATTO BIKE FIXING MECHANISM Ver.3の略です。そして、2015年11月の発売以来、およそ2年に1度の割合でバージョンアップして参りました。

 なぜそんな頻繁にバージョンアップするのか?

P.F.Mは、ハンドル・ポストと折りたたみ式フロント・フォークに関する固定機構です。そして、ハンドル・ポストとフロント・フォークは、絶対に脱落したり、破断したりしてはいけない重要なパーツだから、用心に用心を重ねた結果です。

 P.F.Mは、もともと相合関係にあるハンドル・ポストと折りたたみ式フロント・フォークを更に絡み合わせて、お互いに緊結し合う仕掛けです。だから、各々を固定すると、もう一方もロック出来ます。従って、各々を一度づつロックするだけで互いに二重ロックを掛け合う安全装置です。

 実際には、各々が二重ロックになっているので二重×二重=四重ロックです。

 敢えてデメリットを言えば手間が多く折り畳みや組み立てに若干時間が掛かるのが難点です。安全対策は、やり過ぎるぐらいが丁度良いと理解して頂ければ幸いです。

P.F.Mの七つの効果

  • ハンドル・ポスト・クランプが、ハンドル・ポストの抜けと左右への回転を防止します。。
  • ハンドル・ポストが、上下に分割されたCOLUMNを貫き繋目の破断を防止します。
  • ハンドル・ポスト先端のNOTCHが、BRARK FIXING BOLTを跨ぎハンドル・ポストの左右の回転を防止します。
  • COLUMN先端のHOOKが、上下に分割されたCOLUMNを強固に噛み合わせ繋目の破断を防止します。
  • DIAL CLANPが、上下に分割されたCOLUMNを強固に噛み合わせます。
  • DIAL CLANPを締めると同時にCOLUMN先端のHOOKとCOLUMNを更に圧着させます。
  • DIAL CLANP先端のPINが、ハンドル・ポストのPITに刺さり、ハンドル・ポストの抜けを防止します。

<P.F.M.3> 2020.01.24~

<P.F.M.3> PATTO BIKE FIXING MECHANISM Ver.3.0

<P.F.M.2> 2017.03.02~

<P.F.M.2> PATTO BIKE FIXING MECHANISM Ver.2.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です