平和技術研究所が、東日本大震災をきっかけに折りたたみ自転車の開発を始めた頃、市販のスーツケースへ収納出来る折りたたみ自転車は無かった。また、折りたたみ自転車の歴史は以外に古く、19世紀初頭に自転車が発明されてまだ間もない1888年に米国ペンシルベニア州のエミット・ラッタが世界初の折りたたみ自転車の特許を申請している。しかし、未だに市販のスーツケースへ収納出来るダイヤモンドフレームの折りたたみ自転車は登場していなっかた。

エミット・ラッタ 1888年 資料:cycling science
資料:cycling science

そして、「自転車の理想的なフレーム形状は、ダイヤモンド形状だ。折りたたみ自転車も決して例外ではない。」といつも心の中で渦巻いていた。もしスーツケースのサイズまでコンパクトに折りたためるダイヤモンドフレームの自転車があったら、私たちをよりワクワクさせ、より楽しませてくれるだろうと、妄想の中でどこまでも膨らみ抑えておけなかった。また、PATTO BIKE 451の開発中に、いくら考えても解決できそうにない壁にぶち当たっても、数か月後、数年後に突然解決策を思いついたり、夢の中で新しいアイディアが閃き夜中に飛び起きてメモをしたり、”物理的法則に反しない限り、絶対に不可能なことはない”という哲学を学んでいた。いつしかそれは信念になり、その信念に基づいて、市販のスーツケースへ収納出来るダイヤモンドフレームの折りたたみ自転車の開発を決意した。

 ”風のように走り、スーツケースのように転がせる”というPATTO BIKEの最も重要なアイデンティティ実現のため、試行錯誤の連続だった。初めにフロントフォークと同じようにメインフレームの3D三次元折りたたみ機構を考案した。また、折りたたみ自転車のアイディアを考えていると、ついつい楽し過ぎて、ギミックがてんこ盛り状態になってしまった。そうなると十中八九駄作になるのが、お決まりのパターンである。これが全て悪いと思っていない。なぜならば良い気分転換になり、地味で孤独な研究と開発を長く続けられた秘訣だからだ。

メインフレーム3D三次元折りたたみ機構コンセプト平面図・側面図
メインフレーム3D三次元折りたたみ機構コンセプト断面図

    PATTO BIKE 451の開発中に学んだ、もう一つの哲学がある。それは”simple is best”である。その哲学に基づいて、極力ギミックを使わずシンプルに折りたたむことを心掛けた。そして、遂にHUGAが誕生した。

HUGA Blueprint